ポール


のぼり旗のポールには、スチール製の心棒に樹脂をコーティング
したものと、ステンレス製ものがあります。

多く採用されているのは安価なスチール製のものです。
スチールに樹脂をコーティングして製造するため、表面カラーは
自由に製作できます。

色は青色、緑色、白色が標準的です。その他の色にはピンク色、
黄色や和風を意識した黒色や茶色があります。

旗棒の色を、のぼり旗の色やデザインとあわせると
バランスがよいものになります。

値段的には1本当たり300円から500円程度です。のぼりの値段
ステンレス製のポールは耐久性があるのが利点ですが、
値段的にはスチール製より高く
1本あたり800円から1,000円程度です。

注水台にはポリエチレン製とプラスチック製があります。
ともに内部が空洞になっているので、設置場所まで運んでから
中に水を注入します。

その水の重さでのぼり旗が風などにより転倒することを防ぎます。
なお、ポール本体と注水台は締め付けにより旗棒が
抜けないようにできますので安心です。

付属品

元々は偶然から生まれた!便利な「フッ素樹脂コーティング」

フッ素樹脂コーティングが誕生したきっかけは、1930年代にさかのぼります。
デュポン社のプランケット博士が、フレオンガスの実験中に
シリンダー内に白い粉が発生しているのを見つけました。

それがきっかけで産業界に急速に普及し、現在もさまざまな製品に使用されています。

例えば、優れた耐熱性能を有しており、それほど長い時間でなければ
300度まで耐えることが可能です。

使用できる温度はマイナス240度〜260度となっています。

耐摩耗性も優れているのが特徴で、強い荷重をかけたときの
耐久性は素晴らしいものです。

ほかにも非粘着性や電気特性、耐食性など、非常に優れた特性を有しています。

フッ素樹脂コーティングは日用品にも幅広く活用されており、鉄やアルミニウム、
ステンレスなどにも使用できます。コーティング膜を形成することによって
水を弾いて、汚れの付着を防ぐことが可能です。

また、付着した汚れを容易に除去できるようにするため、洗浄するときに非常に楽です。

市販のフッ素樹脂コーティング剤を活用すれば、すぐに塗膜をつくることができます。
優れた性能を有しているため、のぼり旗やフィルム、建築材料などに活用されています。

メリットに対してコストが安く、費用対効果に優れているのが特徴です。